通気工法の必要性

通気工法とは、家の耐久性を維持させるために壁体内の結露を防ぎ、湿度(水分)を外部へ排出するのが目的の工法です。
主に防水紙と外壁仕上げ材との間に胴縁などを設置して通気層を作りあげて水分を外部へと排出させます。
結露は屋外と屋内の温度差によって発生します。
結露は空気の温度差が一定以上になると発生して水滴になるのですが、なぜこの結露が外壁の空洞部分で発生してしまうのでしょうか。

それは、家の構造が関係しています。
住宅の外壁の内側の見えない部分には室内からの湿気が侵入するに加え、仕込んだ断熱材の暖かさにより建物の外側からと内側からの温度差によって結露が常に発生する環境になっているのです。
この常習化された結露をそのまま放置しておくと家が早く傷む原因になり、家自体の寿命が急速に縮んでしまいます。
せっかく建てたマイホームが、結露が原因で傷んでしまうなんて悲しいですよね。
どうしてもここはこの結露を防ぎたい。誰もがそう考えるはず。

そこでこの迷惑な湿気(水分)を排出し、結露を防ぐのに有効なのが「通気工法」になってくるのです。
室内で発生した湿気を含んだ空気が壁体内に入り込んでしまっても、透湿性のある防水紙から通気層へと流れます。
湿気(水分)を外へと追い出すには、空気の流れを読むのが非常に重要なポイントになってきます。
防水紙と外壁仕上げ材との間に作り上げた、通気層の空気の流れは常に上昇気流になっています。
この上昇気流に湿気をのせて外部へ排出することで、常に湿気が多くなる環境の壁体内の飽和状態を抑制することができます。

また結露のもとになる湿度自体をなくすので、結果的に結露を防ぐことが可能になるのです。
雨水や雪など、屋外からの湿気の挿入もこの上昇気流によって防ぐことができ、この水分もまた外部へと排出されるのです。

通気工法は、今や住宅の耐久性を持続させるためには必要不可欠なものとして一般的に施工されている工法になります。
しかし、通気工法を施したにも関わらず結露やカビが発生してしまう場合があります。

その原因はただ1つ。
施工した大工の技術力の低さの1点に絞られるのです。
防水紙の施工は紙の継手や端々の押さえを完全にして初めて通気工法の良さが発揮されます。
これが少しでも紙の張り方がゆるかったり、継手部分や紙端が少し捲れてしまうだけで、湿気はそこから入り込み、結露やカビを作ってしまうのです。
堀内工務店の大工は長年の経験から1つ1つの完全な施工が長期優良住宅へと導くことを心身供に分かりつくしている本物の技術者たちです。
施工内容は同じでも、それを施工する人の技術力によって、出来が全く違ってきますよね。
当社の大工の方々はどの方にしても、本物の腕を持っている精鋭たちですので、安心してお任せください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop