失敗しない土地選びのコツ

新築で家を建てるとなったら、必要になってくるのは・・・そう、土地ですね。
この土地選びが家造りを成功させるかどうかの重要なポイントになってくるのは言うまでもありませんね。
なんとしてもここは成功させたいものです。
そこで土地選びに失敗しないためのポイントをまとめてみました。

■優先順位を決めることが土地選びの第一歩

土地の価格・面積・環境など土地に求めるもの条件は本当にたくさんあります。
その中で何を優先にするかを決めることが土地選びの第一歩になります。
自分たちのライフスタイルをしっかりと考え、家族と話しあったうえで土地選びの優先順位を決めていきましょう。

■気に入った土地が見つかったら、プロの方に同行してもらいましょう

『この土地良いかもしれない!』という土地が見つかったら即行動です。
信頼のできる住宅会社の担当者に同行してもらい、その土地を建築のプロの目線で審査してもらいましょう。

■条件を変えて何度も足を運びましょう

一回土地を見ただけでは分からないことだらけです。
気に入った土地であれば、条件を変えて見に行くことが非常に大切になってきます。
例えば平日と休日、または昼間と夜の人通りの多さの違い、晴れの日の日当たり具合、雨の日の水はけの良さなどをチェックしましょう。

■地盤の質・土地の形状・地勢・面積をチェックしましょう

家を建てる時、その土地が埋立地ではないか、地下水位は高くないかという点が非常に重要なポイントになってきます。
地盤の質が悪かった場合は補強工事が必要になってくる場合もあるのでチェックは十分に行ってください。
また形状・地勢もおなじく、不整形な土地や傾斜地などは家を建てるとなると様々な制約がでてきますのでこちらのチェックも重要です。
面積は、自分たちが必要な面積はどの程度かあらかじめ頭にいれておくと良いでしょう。

■周辺環境をチェックしましょう

交通・教育・医療機関は整っているか・自治体の施設やサービスの充実度はどうかなどをチェックしましょう。
またその土地周辺の治安はどうかなど実際に住んでいる方の声を聞くこともとても重要です。

PageTop