家の建て方(住宅工法)の種類

家の建て方は木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造かによって何種類にも及びます。
木造住宅1つとってもその建て方は細分化されます。
堀内工務店では木の暖かみのある木造住宅を主に建築しております。
今回は木造住宅においての住宅工法の種類をご紹介します。

【木造軸組工法】

この工法は在来工法とも呼ばれ、日本で一番多く採用されている歴史と伝統のある工法です。
木造軸組工法の材料は柱・梁などで、これらを組み上げていくのが基本の建て方です。
近年ですとこの木材だけではなく、柱・梁の接合部に金物を使って強度を高める施工が多くなり、柱・梁・金物で地震や台風などを耐える構造になっています。
特徴としては設計の自由度が高く和風・和洋折衷・洋風などどんな様式にも適応します。

【木造軸組工法+パネル工法】

この工法は上記の木造軸組工法に耐力壁としての役割の「パネル」を軸材と軸材の間に張り付ける工法です。
木造軸組工法の設計の自由度は残しつつ、パネルという大きな「面」で支えることで家の強度・頑丈度はますます高くなるというのが特徴です。
また、パネルは壁式工法のため、壁式工法のメリットでもある【高気密住宅】を実現してくれるというのも魅力的な特徴です。

【2×4(ツーバイフォー)工法】

この工法の正式名称は枠組み壁工法と言いますが、2×4工法の呼び方の方が幅広く認知されています。
2インチ×4インチの規格の材料を基準に、数種類の大きさの材料と組み合わせて建てていく工法なのでツーバイフォーと呼ばれるようになりました。
この工法の誕生は日本ではなく、北米で生まれ、その後アメリカで発展した工法になります。
2×4工法の特徴としては、規格の大きさが全世界共通なので材料費が他の工法に比べると低予算ですみます。
また、耐力壁と剛床を一体化した箱型構造なので地震や台風に強く、壁や床など「面」で支える工法のため隙間が少なく、防音性や気密性にも優れています。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop