ハウスメーカーと注文住宅の違い

『家を建てよう!』となった時、ハウスメーカーと注文住宅どちらにしようかと迷われる方が多いようです。
そもそもハウスメーカーと注文住宅ってなにが違うの?という方の疑問にお答えします。

■価格はどっちが安い?

同じ品質の家を建てようとした時、価格は注文住宅の方が圧倒的に安くあがります。
理由としてはハウスメーカーの場合、価格の中に住宅展示場や豪華なパンフレット代、営業の経費や人件費などが注文住宅よりも多く入ってしまう点にあります。
また、ハウスメーカーは全て外注になるので下請けのマージンが余分に発生してしまうという点も1つの理由になります。

■夢とこだわりの家を建てたい方は注文住宅向き?

ハウスメーカーは決まったプラン・カタログから選択した製品を組み合わせて作っていくので時間・打合せに必要な時間・手間が少ないです。
家を建てるまでの期間が短く、時間もあまり取れないという方はハウスメーカー向きです。
一方注文住宅は夢とこだわりの家を建てたい方向けになります。
一品製品ならではのお客様の希望にそった自由なデザインを実現します。
色々なご希望をじっくりと相談し、こだわりぬいたマイホームを建てたい方は注文住宅がおすすめです。

■融通がきくのはどっち?

家を建てようとする方であれば、様々な点にこだわりがあるのは当然のこと。
可能な限りお客様のご希望に沿って共に家づくりをしていくのが注文住宅です。
腕に覚えのある職人たちが丹精込めて作り上げます。
一方ハウスメーカーはメリットでもあるのですが、既にあるプランや製品から選んでいくというスタイルになるので融通がきくかどうかという点では注文住宅と比べると融通はききづらいという傾向があります。

■家を建てたあとのアフターフォロー・お客様とのお付き合い

こちらは注文住宅・ハウスメーカーどちらもアフターフォローに万全を期しています。
堀内工務店は主に注文住宅をメインに実施しています。
建てている最中はもちろん、家を建て終わってからが本当のお付き合いの始まりだと考えております。
地域密着型ならではの、後々までアフターフォローさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop