夏は涼しく、冬は暖かい快適な家づくりを目指して

みなさんもご存じの通り、盆地に囲まれた奈良の気候は『夏は蒸し暑く、冬は冷え込む』というのがもう定番です。
うだるような日差しに照らされてやっと帰ってきた我が家の家の中も、外と同じように蒸し暑かったり、
凍えそうになりながら帰ってきたのに、家の中も冷え込んでいたら、想像するだけでもそんな家には住みたくないなぁと思ってしまいますね。
堀内工務店が提案する家は全くその逆です。

こうであったらいいなと思える家、ズバリ【夏は涼しい空気が流れ、冬は暖かで安心できる家】です。
そしてその快適さがいつまでも続くような長期優良住宅を提案させていただいております。
そんな【高気密・高断熱が快適に長く続く家】を造りあげる秘密をご紹介します。

そもそも【高気密・高断熱の家】とはどのような家のことをさすのでしょうか。
そしてなぜ高気密・高断熱だと夏は涼しく冬は暖かくできるのか。
それはこんな理由からでした。

高気密・高断熱のもともとの目的とは住まいの断熱と気密性を上げることでエアコンなど冷暖房の消費を減らすことにあります。
また【気密】とは家の隙間を出来る限りなくし、家の中に隙間風を入れないようにすることで、
【断熱】とは家の中と外を完全に分け、空気の交わりを断ち切ることで冬なら暖かさが逃げないように、夏なら暑さが入ってこないようにすることを言います。

よって、夏は暑さを遮り、家の中は涼しい空気が循環し、冬は寒さを遮り、家の中は暖かい空気が循環することが可能になるのです。

そしてこの高気密・高断熱の家にするために需要なポイントになってくるのが【断熱工法】になります。
断熱工法には大きく分けて充鎮断熱工法(内断熱)と外張り断熱工法(外断熱)の2種類があります。
充鎮断熱工法(内断熱)とは壁の内側を断熱材で満たす工法で、壁の内側に断熱材を敷き詰めるので断熱用のスペースは不要です。
外張り断熱よりもコストがかからないのが特徴です。
外張り断熱工法(外断熱)とは文字通り家を外側から断熱材で包みこむ工法で、イメージとしては魔法瓶の構造と同じと考えていただいて構いません。

この工法は外側から施工するので施工が比較的簡単なのと、施工後の確認やリフォームの際に施工しやすいのが特徴です。
この2つは鉄筋コンクリートの住宅では外張り断熱が多く選ばれる傾向がありますが、木造住宅では2つの断熱工法の優劣はありません。
よって注文住宅のお客様の場合、適材適所でここなら外張り断熱、ここは充鎮断熱にしようというような選び方をされる方もおります。
もし、専門的すぎて分からないは、是非ご相談ください。必ず、素敵な高気密・高断熱の家を建てさせていただきます。

以前、家を堀内工務店で建てていただいたお客様から『夏が暑く冬の冷え込みが厳しい奈良県だからこそ、この高気密・高断熱の家のありがたみが分かります。』と言われたことがありました。
その言葉を胸に、そのように思っていただける方が増えますよう誠意を込めて家づくりをさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop