防犯対策 〜設備編〜

戸建て住宅の被害で最も多いのが窓からの空き巣の侵入です。
防犯対策の基本として、外出時は施錠をしっかりしておくことが大切ですが、
戸締まりをしていても、ドアのピッキングや窓ガラスを破られたりと
空き巣の侵入手口は凶悪化しています。
注文住宅を建てたりリフォームする機会には簡単に侵入出来ない、
防犯性の高い建物部品を採用し、対抗しましょう。

■CPマーク認定の製品
防犯性の高い建物部品に認定された「防犯建物部品」、CP製品があります。
ドア、サッシ、シャッター、面格子、ガラス他、防犯性を高めた製品は、
実験で5分以上の破壊活動を行い、それに耐えうる性能が認められたものです。
狙われやすい一階の開口部に採用すれば住宅の安全性が高まります。

■窓
一戸建ての場合、窓からの侵入が約6割というデータがあります。
窓の防犯対策は不可欠といえます。
道路からの見通しが悪い窓はもちろん、
2階のベランダ、 浴室、トイレの高窓も安心は出来ません。
小窓には面格子の採用、防犯ガラスや防犯フィルム、補助錠の取り付けに加え、
防犯システムによるセンサーの併用をオススメします。
大きい開口部にはシャッターや雨戸を取り付け、夜間や外出時は閉めておきましょう。

■ドア
ピッキングに強い構造で、こじ開けられない強固な素材のドアを採用しましょう。
各メーカーで高性能なCP製品が開発されています。
人目につきやすい玄関ドアは、解錠に時間がかかるほど空き巣が狙いにくく 防犯性が高まり効果的です。

■ホームセキュリティ導入
一戸建て狙いの空き巣が増える昨今では、
セキュリティ会社が提案するホームセキュリティのプランも様々です。
セキュリティ会社選びは、サービス内容やコスト面に加え、
自宅とセキュリティ会社の拠点が近いかどうかもポイント。
よく検討して、ぴったりのセキュリティ会社を選んでください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop