防犯対策〜庭・外構編〜

同じ戸建てでも、空き巣に狙われやすい家とそうでない家があります。
両者に、どういった違いがあるのでしょう。
また、注文住宅を建てる際に取れる防犯対策をご紹介していきます。

道路に面した部分が多い程、空き巣が下見しやすいと言えます。
道路と反対側の面は人目につかないので、侵入されやすい危険ゾーン。
奥まった場所にある住宅は、空き巣が下見しにくい一面、 一旦敷地に入る事に成功すれば人目につかず犯行が行いやすくなります。
いずれにしても、住宅の死角を把握し、対策を立てる事が重要です。

まずは、庭や家の外回りの手入れを丁寧に行い、見通しを良くする事です。
雑草やモノ、ゴミが目立つ住宅は空き巣に狙われやすいと言えます。
反対に、整理整頓をし清潔で手入れの行き届いた家であるということは 空き巣が入りにくいと感じる心理にも影響します。

近年では外構をオープンにした注文住宅が増えています。
道路から見通しを良くする事、これは防犯対策としてはとても有効。
背の高い生け垣や塀は、プライバシーは守られますが、それと同時に空き巣にとっては好都合です。
外部からの視線が届きにくいので侵入しやすいのです。
庭の植木で見通しが悪くなることもありますので、ガーデンづくりの際には考慮が必要です。

敷地奥や道路の反対側といった狙われやすい場所には、 窓を高い位置に設置したり、 防犯性の高い製品を採用するといいでしょう。
見通しはよくしつつ、フェンスなどで侵入しにくい経路を作るのも有効です。

また、敷地に砂利を敷くことで、空き巣が侵入したくない庭をつくることができます。
心配な死角や、家のぐるりに歩くと音が出る砂利を敷き詰めると効果的です。

防犯対策をしっかり取っていることが人目で分かる住宅は、
空き巣に「この家はやめておこう」と感じさせるものです。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop