心地よく生活できる2世帯住宅

親世代、子世代の関係は実に様々ですので、 注文住宅を選択することで、それぞれのご家庭にフィットする2世帯住宅が実現できます。
親世代と子世代共に快適に暮らせる理想の2世帯住宅はどんなものがあるのでしょうか。

■完全同居型
全ての設備を共有で使用するタイプで 建設費も最小限なのでコストがかからないというメリットがあります。
また相続税などの節税が期待出来ます。
親世帯の部屋は介護面などを考えて一階に、子世帯は2階に寝室や子供部屋を設置するのが一般的。
皆が集まるリビング、キッチン、バス・トイレは一階に設け
2階にトイレや洗面所を追加したり、簡易なキッチンをどちらかに設けたりと、設備の使用の混雑回避をする方法もあります。
既存の住宅にリフォームで2世帯仕様にすることもできます。
大家族で賑やかな暮らしが目に浮かびますね。

■部分共有型
同一建物内で設備の一部を共有するタイプです。
玄関のみ共有し、キッチンやバス・トイレは別々、といったプランも可能で、
ご希望に沿って様々な間取りを設定出来るのが注文住宅の強みです。
水回りを別に設置するとなると完全同居よりもコストはかかりますが
3世帯同居のような生活スタイルがバラバラといったご家庭では、
ストレスなくお互いの距離感を保てるのがメリットといえます。

■完全分離型
建物内でそれぞれ個別の住宅として扱うタイプや、 2棟を庭や通路でつないだタイプもあります。
建物内で上階・下階もしくは左右で玄関も別に設け、全く別の住居にすることで、お互いのライフスタイルを尊重出来ます。
また、小さなお子様がいる子世帯にとっては 騒音など気にせずにマイペースに暮らせるのもメリットです。
広い土地と、建設コストもかかりますが お隣さん同士の距離感でプライバシーを保ちながら生活できます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop