住宅のシロアリ対策

どんなに強い構造の建物でも、 木材を使った建物であればシロアリの被害を受ける可能性があります。
シロアリの被害を完全に防ぐということは難しいと言われていますが 適切な対策で被害を最小限に抑えることは可能です。
大切な我が家をシロアリの餌にはしたくないですよね。
ここでは注文住宅を建てる際のシロアリ対策として どういった点に気をつければいいのかお話します。

まずはシロアリの生息環境を作らないということが重要です。
基礎を高くして、換気を保つようにします。
建物下に湿気が溜まると、湿度を好むシロアリが生息しやすくなります。
基礎の換気口を大きく設け、通風を良くしておきましょう。

使用する木材はシロアリに強い種類を選びましょう。
シロアリは木材の柔らかい部分から食べて行く習性がありますので硬い木材を使用すると 効果的です。
例えば、ヒノキやヒバ、スギはシロアリ被害に強い樹種です。
たとえシロアリに弱い樹種であっても、 木材に適切な薬剤処理をすれば予防対策として有効です。
薬剤は人への影響も心配されますので、揮発性のものは避けた方がいいでしょう。

リフォームの機会にもシロアリ点検・駆除を行うと良いでしょう。
適切な予防消毒を施せば、たとえ被害があったとしても、 今後の建物へのダメージを最小限に抑える事ができます。

様々なシロアリ対策を取ったとしても、完璧に防ぐ事は出来ないのが現状です。
注文住宅のプランを立てる際には、長年安心して住めるようにシロアリ対策を考慮に入れて おくことをおすすめ致します。
もし被害にあっても対処しやすい住宅を建てる事が、 賢いシロアリに対しての対策かもしれません。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop