子育てが楽しい住まいー後編

幼児期を卒業すれば、家での過ごし方もがらっと変わってきます。
これから注文住宅を建てる方も、子供の成長に応じた住まいづくりを考えて 子供にいい環境を与えていきたいですね。

■ジュニア期
小学生といえば、徐々に個室を意識してくる年代。
とはいえ、個人差が大きく低学年ならきっちり個室を分けるのはまだ早いかもしれません。
皆が集まるリビングの近くに、ゆるく仕切りをつけて子供部屋を設けるのもおすすめ。
遊びと勉強の区切りをつけるのが大切といえます。
親が身近で見守れる距離感で行う「リビング学習」という方法が、 学力アップにつながるという説もありますね。
親子でコミュニケーションを密に取れる間取りは、この時期は特に大切といえます。
寝室は、まずは兄弟姉妹で一部屋設け、成長と共に個室を分けて行く流れが多いようです。
親からの自立を自然に促すこともできますね。

■ティーン期
中学生〜高校生時期には完全な個室を用意してあげたいものです。
集中して勉強したり、自分の時間を過ごしたりできる、プライバシーをある程度守れる 空間を必要としてくる時期です。
大きなワンルームを可動式収納を間仕切りにして2つに分けて子供部屋として使用、
子供が巣立った後またワンルームに戻せば、夫婦の寝室や趣味の部屋として使えます。
子供が巣立てば荷物置きの部屋に…という残念なことにもなりませんね。
自由度の高い注文住宅ですから、将来を見据えて柔軟性の高い住まいを作っていきましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop