省エネ・エコ住宅とは

近年、注文住宅やリフォームを行う際の省エネ・エコを意識した家づくりは 常識となりつつあります。
省エネ・エコ住宅とはどういったものなのかご紹介してまいります。

■構造面
高断熱・高気密の床・天井、壁、窓を採用することで外気と室内の気温差を少なくするというものです。
高性能な断熱材を採用したり、断熱施工方法を取入れるという方法や 断熱ドア、断熱サッシにも様々な種類がありますのでプランやご予算に合わせて 取入れて行きましょう。
冷暖房機器の使用を減らす事で二酸化炭素の排出を減らし、 温暖化防止に貢献するとともに 光熱費が抑えられ、家計にも優しい住宅となります。
夏は涼しく、冬は暖かいという快適さが伴いますので 注文住宅やリフォームの際は省エネ・エコに配慮した家づくりをおすすめ致します。

■給湯・発電システム
太陽光発電導入に関してはメンテナンスもあまり必要としないので一般家庭への普及が進み、 設備の導入費用も年々抑えられています。
余った電気の買い取りもしてもらえますし、 災害時の貴重な非常用電源として使用することもできます。
太陽光発電、エコウィル、エネファーム、蓄電池など、 省エネ設備の導入には補助制度もありますので賢く利用したいものです。
補助制度は自治体により条件が様々ですので、まず各自治体の窓口に問い合わせてみましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop