断熱工法について

省エネ・エコな注文住宅を建てる工夫として高断熱・高気密が挙げられます。
また、今のお住まいを断熱リフォームでより住みやすい家に変える事が可能です。
夏は涼しく冬は暖かく、冷暖房機器の使用を最小限に抑えられれば 温暖化防止に貢献でき、光熱費も抑えられます。
注文住宅やリフォームの断熱方法にはどんな種類があるのかお話していきます。
断熱工法には、一般的に大きく分けて「充填断熱工法」と「外張り断熱工法」の 2種類があります。

■充填断熱工法
壁の中に断熱材を充填するのが充填断熱工法で内断熱とも言います。
室内側に断熱材を施工しますので、敷地面積に影響せず、 経年劣化もしにくいというメリットがあります。
壁の内側の空間を利用し施工しますので、 断熱用のスペースを新たにつくる必要がなく、比較的安価で施工する事が可能です。
使用される断熱材として
・グラスウール
・ロックウール
・セルロースファイバー
といった繊維系断熱材が多くなっています。

■外張り断熱工法
柱などの構造材の外側に断熱材を施工する方法です。
外壁が厚くなるので敷地面積に余裕が必要になりコストはこちらのほうが高くなりますが 構造体の周りを覆いますので断熱性・気密性が高くなります。
使用される断熱材として
・硬質ウレタンフォーム
・スチレンフォーム
・フェノールフォーム
といった発泡プラスチック系断熱材になり、耐水性・耐薬品性に強いのが特長です。
リフォームの場合は、内断熱の施工はコストが安くなる反面、 仮住まいが必要となる場合もあります。
外断熱の施工は、住みながらのリフォームが可能です。
費用面や家族の希望も踏まえて、どの工法を採用するか検討しましょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop