無垢フローリングの種類

住まいの印象を大きく左右する床材。
本物感を追求するなら、やはり無垢フローリングです。
天然木ならではの風合いや香り、 年月を経てアンティーク調に深みを増していく経過をぜひ楽しみたいもの。
注文住宅やリフォームをお考えであれば、お気に入りの無垢材にこだわりたいところです。
無垢材の種類や特徴はどんなものがあるのか、ご紹介してまいります。

■オーク(ナラ)
フローリング材や家具などにも使われ、とてもポピュラーな樹種です。
耐久性があり傷がつきにくく、 優しいながらもはっきりとした木目はインテリアを選びません。

■パイン(マツ)
木目がしっかり感じられるのでナチュラルで優しい雰囲気の空間を作れます。 家具にも使われていて、親しみやすく素朴な印象の樹種です。
踏んだとき柔らかく優しい感触が魅力な反面、傷もつきやすいのが特徴です。

■メープル(かえで)
光沢があり、清潔感のある印象の空間に仕上がります。
明るく白っぽい床にしたいならおすすめ。
天然木ならではのさわやかな風合いを楽しむ事が出来ます。
適度な堅さがあるので、丈夫でお手入れもしやすいのが特徴です。

■チーク
重厚感があり、落ち着いた深みのある色合いが特徴です。
年月を経てさらに美しい褐色に変化します。
適度な堅さがあり、伸縮や反りが少なく耐久性に優れています。
家具にもよく使われていて、人気の樹種です。

■ウォールナット(クルミ)
深いチョコレート色の美しい木目が魅力で、 モダンでクールなスタイルづくりにぴったりの人気の樹種です。
耐久性もあり傷がつきにくく、高級感もあることから ホテルやショップなどでも多く採用されています。

■アッシュ(タモ)
適度な堅さがあり、上品ですっきりとした木目がフローリングとして取入れやすく人気です。
塗装してもはっきりと木目が浮き出ることから様々な色合いに仕上げる事が可能。
和・洋どちらにも合うので、インテリアを選ばない汎用性の高い素材です。

■桜
明るくピンクがかった色合いが魅力で、木目が優しく穏やかなので、 すっきりとした印象の空間に仕上がります。
白っぽい床にしたいときには、メープルと並んで人気です。

無垢材は特徴や風合いも様々で、塗装によって印象も変わります。
注文住宅やリフォームの際は、インテリアの好みに合わせてセレクトするのも 楽しみのひとつ。
じっくりと選びたいものですね。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop