床材について 後編

前回の床材についての記事では各種フローリングをご紹介してまいりました。
フローリング以外にも床材の種類は様々で、部屋やスペースによって 使い分けることが住み良い住まいづくりに欠かせません。
注文住宅やリフォームの際には、ライフスタイルや使用用途に合った床材を採用しましょう。

■畳
和室に限らず、フローリングに敷き畳という選択もあり、気軽に畳の生活を楽しむ事が出来ます。
伝統的な天然いぐさ製のものから、和紙や化繊といった最新素材の畳もあり、 お手入れのしやすさや風合いも様々。
縁やカラーを選んでオリジナリティ溢れる和室をつくることも可能です。
畳についての記事はこちら→「畳の種類

■大理石
艶やかで上品な質感、落ち着いてシックな印象で、高級感に溢れた人気の床材です。
大理石のリビングは床暖房を入れれば冬は暖かく、夏はひんやりと快適に過ごす事ができます。
濡れると滑りやすく、シミが出来やすいので浴室や玄関にはおすすめできません。
広範囲で大理石を使用となるとコストも高くなってきますが、 洗面所やエントランス、廊下など部分的であれば気軽に取入れる事ができそうです。
まるでホテルのような、ラグジュアリーな空間になること間違い無しです。

■タイル
デザインや質感が多種多様なフロアタイルは、 堅くて耐水性に優れているので玄関や水回りに適しています。
木目調、大理石調といったリアルな質感のものや、柄・カラーも各種あるので使う場所を選びません。
お手入れしやすいのでキッチンの床などにも。
汚れをさっと水拭き出来て便利です。
価格帯は取入れやすいものが多く、効果的に使えば注文住宅やリフォームのコストダウンに一役買ってくれそうです。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop