結露とは

湿気の多い日本の住まいによくある悩みと言えば「結露」。
空気中に含まれている水蒸気が冷やされる事によって水滴に変化する現象が結露です。 放っておくとやっかいな結露は、カビやダニの発生源となり、健康被害に発展する恐れもあります。
また、住宅に徐々にダメージが蓄積し寿命を縮める原因にもなります。
結露には「表面結露」と「内部結露」があり、それぞれの対策が必要になります。

■表面結露
私達が多く目にする結露と言えば表面結露です。
冬の寒い日、窓ガラスやアルミサッシに水滴がつきますね。
暖かい部屋の空気が、窓際との温度差で急激に冷やされると起こる現象です。
室内の湿度が高いと結露が発生しやすくなります。
居室ばかりでなく、押し入れやクローゼットの壁などにも結露が発生することがあります。

■内部結露
内部結露とは建物の内部で起こる結露の事です。
壁内部や床、天井裏など、居住範囲外で起こるため、常にチェックすることが出来ません。
内部結露の発見が遅れると、腐食などの原因となり非常にやっかいなのです。
特に寒冷地など、外気と室内の温度差が大きくなる程、起こりやすくなります。

冬の室内は換気を怠りがち。
カビやダニの大好きな湿度・温度・空気中のホコリやゴミが室内に留まり、 意外にも冬にカビの被害が多いのです。

注文住宅を建てる時やリフォームの際にも参考に出来る結露対策に関してはこちらの記事をご覧ください→「結露対策

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop