結露対策

冬の住宅の悩みといえば「結露」。
最も結露の起きやすい場所といえば、 暖房を入れていない部屋、北側の部屋や外気の触れる壁や床、サッシ周辺などでしょう。
まずは結露を見つけたらこまめにふき、水滴を放置しないことです。
次に換気を行い、出来るだけ室内の湿度を下げることも重要です。
カビやダニの原因となる湿気や空気中のホコリを逃がしましょう。

寒い冬は換気を怠りがちで、意外に湿気がこもっている事が多いのです。
空気は気温の高い場所から低い場所へ流れる性質があります。
キッチンや浴室の湿気を含んだ空気が暖房の入れていない部屋に流れ込み、 そこで結露が起きてしまうという事になります。

堀内工務店では、盆地特有の気候、湿気が多い奈良に適応した住宅づくりを得意としています。
結露軽減効果の高いガラスサッシや断熱材とその工法を取り入れ、耐久性の優れた住宅にこだわっています。

また、調湿効果がある自然素材を使用するのも有効な手段です。
以前にご紹介しました、最新の塗り壁材「珪藻土」「漆喰」も湿気を吸収するため結露対策として効果的です。
また、無垢の床材は調湿機能が優れているため、室内の湿度を自然と調整してくれるのです。

部屋の日当りや方角に応じて建築素材を使い分けたり、空気の流れを間取りで解決するなど、家を建てる際には様々な結露対策を立てる事が出来るます。
注文住宅を建てる時やリフォームの際に結露対策を取入れてプランを立てると今後の生活もより安心です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop