収納について

注文住宅やリフォームのプランを立てる際、 どれくらいの収納スペースを設けるかは、間取りと共に重要なポイントです。
たっぷりの収納スペースがあると心にも余裕が出来るほどです。

各部屋に壁面収納を設ければ、収納家具を置く必要もなくすっきりと暮らす事ができます。
キッチンにはパントリー(食料庫)や床下収納、衣類やバッグ類はウォークインクローゼット。
階段下のデッドスペースにも、もちろん収納庫を。
最近では玄関にシューズクロークやクローゼットを設けるお宅も増えてきました。
靴だけではなくベビーカーや子供の外遊びのおもちゃ類、傘など、玄関に収納するモノは意外に多いのです。

このように、モノが溢れる豊かな暮らしを支える収納スペースは、年々進化してきています。
あればあるほど助かる収納スペースですが、 安心していると、いつの間にかモノが増えすぎてしまい、 既存の収納スペースでは間に合わなくなることもしばしば。
家具を買い足してしまうお宅も少なく有りません。
そうならない為にも、定期的にいらないモノを処分し、 モノを持ちすぎない習慣をつけることがスッキリ快適に暮らす秘訣かもしれませんね。

使い勝手ばかりでなく、生活導線や家族構成などを考慮し、 長い目で見た暮らしの変化は、収納スペースを考える上で欠かせません。
我が家ならではのアイデア収納も、堀内工務店なら製作可能です。 じっくりとプランを練り、ご相談いただければと思います。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop