畳の種類

近年、畳のバリエーションは実に様々。
ライフスタイルや好みに合った畳を豊富なラインナップから選ぶ事ができるので、 和室づくりがさらに楽しくなりそうですね。

■縁付き畳
一般的な縁のある畳の事をいいます。
畳というとこの縁つき、慣れ親しんだ伝統的な畳です。
縁も色・柄の種類が様々です。選ぶ縁によって和室の雰囲気ががらっと変わり、和室の個性を表現できます。
「畳の縁は踏んではいけない」といった日本ならではの和室のマナーも再確認できますね。

■縁なし畳
近年、人気急上昇の琉球畳・琉球風畳のような縁がない畳のことを言います。
シンプル感が魅力の縁なし畳は和洋問わずどんなインテリアにもマッチし、取入れやすさもバツグン。
フローリングの一角に縁なし畳のスペースを設け、ちょっとした和の雰囲気を楽しむという方法も人気です。
畳の表面、「畳表」によって、畳の表情ががらっと変わります。
素材、織り、色なども多種多様です。 縁と畳表をインテリアに合わせて自由に組み合わせる事で オリジナリティ溢れた和室をコーディネートする事も出来ます。

[畳表の素材]

■天然いぐさ
いぐさで織られた天然の畳表は昔からある畳の代表、いぐさの良い香りは畳ならではの良さですね。
国産のいぐさは安心安全、天然素材ならではの気持ちよさがあります。
中国産のいぐさはリーズナブルで取入れやすく、上級品となると国産と変わらない高品質のものもあります。
「本物」にこだわるなら迷わずいぐさの天然畳ですね。

■和紙
ハイテク和紙でつくられた畳もあります。
天然素材でありながら、耐久性とお手入れのしやすさが魅力の和紙畳。
日焼による変色がなく、カビやダニの発生も抑えられアレルギーの心配が少なくなります。
いぐさの良い香りはしませんが、小さいお子様やペットのいるご家庭にはぴったりです。
色や織りも様々で、カラーコーディネートが出来るから現代のインテリアにもマッチします。

■化学繊維
最新の技術によって開発された化学繊維製の現代の畳。
日焼による変色がなく、汚れもつきにくいといった特徴があり、 お手入れもしやすく畳の悩みを化学のチカラでカバーしています。
シックハウス対策もされ、カビやダニがつきにくく清潔が保てます。 色や織りのバリエーションが幅広く、伝統的なタイプから斬新なものまで、 インテリアに合わせて豊富に選べるのが特徴です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop