床の間とは

床の間とは、和室の奥の壁面に設けられた、掛軸や生け花を飾る場所をいいます。 広さは一般的に半畳から1畳程度。 床は板張りで、畳より一段高くつくられています。

室町時代から始まったといわれる床の間は、 身分の高い客を迎え入れるための部屋に、座敷飾りとしてつくられました。
床の間を背に座るのは身分の高い人で、現代でも上座にあたります。

お客様をもてなすという意味で現代にも引き継がれているのが、旅館やホテルの和室。
簡略化されたものもありますが、ほとんどの和室で床の間が設けられています。
日本人のおもてなしの心が今も息づいていると言えますね。

昨今の注文住宅・リフォームでは省略される事も多く、 床の間のない和室も多く見受けられます。
住宅事情やライフスタイルも様々ですから、 伝統的な床の間が特に重要では無くなっているのです。

一方、モダンなデザインの床の間も人気で、 おしゃれなインテリアの一部として捉えられています。
新築やリフォームの際、和室の一角に設ける事で ぐっと趣のある、和モダンな和室に生まれ変わります。
伝統的な材質にもこだわらず、床を艶やかに仕上げたり、ガラス製の飾り棚を設けたり 間接照明で癒しの空間を演出してみたりと、和室の楽しみ方が広がりますね。
このような自由な発想で、日本の和の心を大切にするのもいいかもしれません。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop