地鎮祭とは?

地鎮祭(じちんさい)とは、建設工事の前に行う、 その土地の神様を鎮め工事の安全と無事、建物や家の繁栄を祈願して行われる儀式です。
着工前に神職をお招きし、神様にお供え物をし祝詞をあげ、お祓いをしてお浄めをします。
施主、工務店の工事関係者が参加します。

めでたく土地を購入し、建物のプランを決定し、いざ建設工事に入る前に、工務店・工事関係者・ その土地の氏神である神社との打合せを行います。
良き日を設定し(大安・先勝・友引がいいでしょう)お供え物の容易、神主の送迎や謝礼など、あらかじめ 準備することが地域によって様々にあることでしょう。

また、地域により地鎮祭の行い方も様々です。
どのように行えば良いのか、何を用意すれば良いのか、費用はいくらかかるのか、などご不明点は、 どうぞ私どもにご相談ください。
奈良の地元密着工務店として、お客様の土地、ご要望に最適の方法でご案内いたします。

地鎮祭を行うかどうかは個人の自由で、必ず行わなければいけないということではありません。
近年では、都市部など、施主様の意向で簡略化される場合もあるようです。
また、現在のお住まいから新築する場所が遠いなど、様々な理由で着工前に 現地に足を運ぶ事ができない場合があり、 現地の工務店や施工業者だけで略式形式で行うこともあります。

住宅を建てるという一大イベント、一生に一度あるかないかの事ですので ぜひ前向きにご検討いただければと思います。
施主様、工事業者、工務店一同で顔を合わせることが出来て、 お互いに信頼関係を築ける良い機会でもあります。
ですが、行わない事で印象が悪くなるという事は全くございません。
関係者全員で大切なマイホームの安全と今後の繁栄を祈る事は、素晴らしい記念にもなることでしょう。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop