「珪藻土」でおしゃれな塗り壁に

壁や天井に使う内装材「珪藻土」をご存知ですか。
自然素材を使ったリフォーム、新築のプランを検討されている方は耳にした事があるのではないでしょうか。

珪藻土とは植物性プランクトン(藻)が化石化したもの。
耐火性の強いのが特徴で、古くは七輪の原料として使用されてきました。
保温性、吸放湿性、脱臭性、断熱性を活かし、ナチュラル指向の内装材として注目を浴びています。
建築材としてはここ15年くらいで人気に火がつき、扱いやすい事からリフォームの際などに珪藻土の壁を自分で塗る人も。
コテ模様を残したナチュラルな仕上がりに、お部屋が一気にオシャレに変身するので、 気軽にチャレンジする人が増えています。
自ら固まる素材ではないので、他に固まる材料を混ぜる事で壁材として成立します。
素材の良さを最大限に活かすため、より天然に近く安全な成分の珪藻土を選ぶといいでしょう。

自然素材なので何と言っても体に優しく安心ということで、 小さなお子様がいるファミリーや、ペットのいるご家庭、シックハウスが心配な方にぜひ取入れていただきたい壁材です。
クリーンな空気で毎日ずっと暮らせる気持ちよさと爽やかさ。
脱臭効果もあるので部屋の臭いも気になりません。

また結露が起きにくいという特徴があり、リフォームの際などには、 今迄の住宅の悩みを解消してくれる頼もしい素材でもあります。
ですが一般的なクロスよりも少々コストがかかるため、全部屋に珪藻土を取入れる事が難しいこともあります。
そこで子供部屋や皆が集まるリビング、結露がひどい部屋などにポイントとして使用するのもオススメです。

奈良は、夏は高温多湿、冬は底冷えという盆地特有の気候です。 吸放湿性、断熱性の高い珪藻土は、そんな奈良の住宅にぴったりといえますね。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop