間取りについて考える

注文住宅の一番の魅力はオリジナルの住まいを設計出来るという点ではないでしょうか。
特に間取りを考える最中は楽しい作業でもありますが頭を悩ます事も多いかと思います。
大体の間取りを描けていたとしても、改めて確認しておかなければいけない点があります。
家づくりに失敗しないためにも、間取りを考える際の参考にしていただければと思います。

土地の形状は多種多様で、その形状によって出来る最もいい間取りを考えるのが住み良い住宅を作るために重要な事です。
敷地の広さ、形状、方角、近隣建物との距離、道路との関係など。
これらを考慮に入れず間取りを完成させてしまうと、住み心地のよくない家になってしまう可能性が高いばかりか、
余計な費用がかさむ場合もあります。

例えば周囲の建物によって日照時間が限られてしまうような土地の場合は、
日照エリアに開口部を儲け採光を確保する間取りを検討します。
逆に、一日中日当たりがいい土地は、夏に暑くなりすぎないように開口部に配慮が必要です。
このように住み始めてからの光熱費が左右されるため、
間取りは住まいのランニングコストにも影響してくるのです。

道路に面して大きな窓をつけてしまうと通行人の視線が気になり落ち着かず、
昼間でもカーテンを閉めっぱなしということになりかねません。
騒音の面なども住んでみて改めて気がつく事が多いので確認が必要です。

どんな個性的な土地であっても、その土地に似合う間取りが必ずあります。
施主様のライフスタイルや家族構成、ご要望を取入れながら、
敷地に合った間取りを含めたプランを一緒に考えて行きたいと思います。
せっかくの注文住宅ですから、奈良という土地の特性を活かした間取りのマイホームを!
奈良生まれの堀内工務店なら強い見方になれるはず。
ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop