【奈良住むコラム】大和郡山市の県立高田高校から平和大使が選抜されました

核兵器の廃絶を訴える目的で、長崎にある市民団体が国内外に派遣する「第18代高校生平和大使」に
奈良県立高田高校2年の小林広佳さんが選ばれました。

平和大使は全国から男女22人の高校生が選ばれ、小林さんはその一員として
8月に国連欧州本部において核廃絶を訴えるスピーチを行う予定です。

昨年の全国選考で、奈良県内の高校生が平和大使に選ばれたことをきっかけとして
本年からは県内で選考を行い大使を選抜し、派遣するはこびとなりました。

県内選考で初めての平和大使に選ばれた小林さんは
「これから戦争や被爆経験者が少なくなっていく。戦後70年を経て
平和への思いを強くしていくためにも、自分たち若者が受け継ぎ、伝えていきたい」
と話しました。

また、小林さんは、昨年の大使が集めた反戦や平和に関する署名約8000人分も携えて
国連に提出する予定です。

さらに、8月9日に長崎で開催される長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典へも
小林さんをはじめとした長崎派遣団5人を送り、全国の高校生と交流する予定です。

奈良県内には戦争の影響を残す場所がほとんどないため
県内の若者らに戦争の悲惨さや核の恐ろしさを伝える役割も
長崎派遣団員たちには期待が持たれています。

このような、尊い平和を願うニュースに登場した奈良県立高田高校は
奈良県大和高田市に立地しています。

大和高田市は、奈良県中西部に位置しており、中和・葛城地域の中核都市でもあります。
また、 奈良県で最も人口密度が高い市としても知られています。

大和高田市には、JR西日本・和歌山線および桜井線
近畿日本鉄道・大阪線および南大阪線が乗り入れており
大阪への交通アクセスのよさからベッドタウンとしても人気のエリアです。

なかでも、大和高田駅から北東エリアの土庫地区周辺や
市域西部にあたる神楽地区周辺は人気の住宅地域となっています。

これらの地域では、新築一戸建てのみならず建て替え需要も多くあります。
近年の近年の地価下落もあり、建物に資金を充当するケースもよく見られ
工務店などによる注文住宅を希望する人が増えています。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop