【奈良住むコラム】大和郡山市で警察と市民が協力して啓発活動が行われました

奈良県内で相次ぐ自転車の盗難被害を防ぐために、郡山署や大和郡山市地域安全推進委員などが6月9日
イオンモール大和郡山店において啓発活動を行いました。

同活動では、市民に対し自転車用のワイヤロックを配布するとともに、鍵をかけるように呼びかけました。
同署管内では、鍵をかけていない自転車の盗難被害が多いこともあり、今回の啓発活動を実施することになりました。

署員や同市地域安全推進委員のほかにも、県内の学生で組織されたボランティアグループの
「あっぷりけ戦隊!奈良まもりたい」のメンバーも参加をしました。

啓発活動では、鍵のかけられていない自転車を見つけ、あとでロックを外すための番号がわかるよう
同署の電話番号が書かれたダイヤル式ワイヤロックで鍵をかけたり、同ショッピングセンターの出入り口でボランティアと署員が協力し
啓発グッズを手渡したりしました。

同署の北出秀徳生活安全課長は「施錠することで、自転車盗の全てが防げるわけではないが、犯行のチャンスを与えないことが大事。
自転車は2カ所施錠するなどし、被害を少なくしてほしい」と話していました。

なお、県警生活安全企画課によれば、県内における本年5月末までの自転車盗被害件数は642件(昨年同期比120件減少)。
そのうち無施錠の自転車の被害は実に約56%であるとのことです。

警察と市民が協力した地道な活動により、被害数が減少しているという嬉しいニュースが伝えられたのは
奈良県大和郡山市です。

大和郡山市は、奈良県北西部に位置しており、大阪への直通電車が整備されていることなどから
大阪のベッドタウンとして発展しており、現在でも新築一戸建ての需要の多い地域です。

同市には、西日本旅客鉄道・関西本線、近畿日本鉄道・橿原線が乗り入れており、郡山駅~近鉄郡山駅周辺を中心に市街地が広がっています。

なかでも、同市の西部エリアにあたる丘陵地の城町地域や千日町地域は、新興住宅団地が発展しており
現在でも注文住宅で作る新築一戸建てが工務店によって建てられている、とても活気に満ちた地域です。

注文住宅を作る際には、やはり地元の工務店で作ることがオススメです。
奈良の木を使用した住宅への助成制度にもご相談可能です。

ご相談・ご質問などがありましたら、堀内工務店までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop