【奈良住むコラム】近畿地方でも屈指の住環境の良さを持つ奈良県

奈良県は近畿地方の中部に位置する県で、県庁所在地は中核都市に指定されてるい同県北部の奈良市です。

このほかにも大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、生駒市をはじめとした多くの都市が県内北中部を中心に点在しています。

これら、奈良県の多くの都市は大阪都市圏に含まれており、各都市間と大阪を結ぶ交通機関として近畿日本鉄道(近鉄)の各路線が非常によく整備されています。

同鉄道の整備により、同県北部の奈良市や生駒市からは大阪まで30分強、南部の都市でも一時間前後で大阪まで行くことが可能で、各都市は大阪都市圏のベットタウンとしても発展しています。

なお、近鉄各駅周辺や同県の幹線道路・国道24号線沿いにはショッピングセンター・百貨店といった大型商業施設を中心とした商業地域が各都市ごとによく発達しており、訪れる地元の人々でたいへん賑わっています。

また、平城京に代表されるように、奈良県は日本最古の文化を持つ県で、県内の各所・各都市には由緒ある文化遺産・歴史行事があり、落ち着きと情緒のある雰囲気・暮らしぶりが同県の生活には深く根付いています。

このような事情・背景から、奈良県でもっとも盛んな産業は観光産業となり、国内だけにとどまらず海外からの観光客を含めて年間4000万人もの人々が同県を訪れます。

このため、同県は歴史由緒があるだけでなく、国際的な都市としての一面も併せ持っており、国公立大学や私立大学も多く、教育の盛んな県として知られています。

また、同県は自然が豊かなことも特徴の一つで、春日山原生林や吉野山といった自然観光名所も少なくありません。

さらに、豊かな自然を活かした農業も盛んで、イチゴ、スイカ、柿、日本茶は近畿地方のみならず、全国でも有数の産地として有名です。

このように、大阪都市圏であるための暮らしの利便性、歴史ある地域特有の情緒ある暮らしぶり、教育と自然に恵まれた子育てにも最適な住環境がそろった奈良県は、近畿地方でも屈指の住環境の高さを誇る地域です。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop