リフォームの失敗例(3)寝室の窓

リフォームを考える際は、これまでの生活をより快適にすることが最大の目的となります。
もちろん、家を建ててから年月が経つと少しずつ修繕点が出てくる箇所もありますが、リフォームを行う時は、家の中を変化させること、これまでの生活で不便に感じていた箇所をより快適にすることが目的となります。
また、リフォームには資金もかかってくるので、リフォームを行う箇所についてはしっかりと家族で話し合う必要があるのです。

今回は、寝室のリフォームの失敗例についてご紹介させていただきたいと思います。
寝室のリフォームで一番に考えないといけないのが窓の位置です。
東側に窓を作ると朝日が差し込んでくるので、朝早くても目が覚めてしまいますし、西側に窓を作ると夕日が差し込んできて夕方から室内の温度が上がりますので、ライフスタイルに合わせて窓の位置を考える必要があります。
朝、ゆっくりしたい方は東側の窓を避け、夜は早く寝たいという方は西側の窓を避けるなど、シミュレーションをしつつ考えてみて下さい。窓の位置が変えられない場合は、色々な工夫ができますので一度、工務店にご相談ください。
寝室は一日の疲れをとるためのとても重要な部屋です。快適な眠りのため十分に検討しましょう。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、小さなことでもまずはお気軽に堀内工務店までお問い合わせ下さい。
お客様のお困りごとにしっかりと向き合い、快適ライフのためのマイホームづくりをサポートいたします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop