リフォームの失敗例(1)リビングのリフォーム

リフォームを行う際は、家族全員の生活や動線を考えた上で、どこがネックになっているのかをよく考えてリフォーム計画を立てなければなりません。
また、リフォームには資金もたくさんかかるので、予め予算をしっかりと組んだ上でどこをどのようにリフォームしたいのかをひとつひとつと考えていきましょう。

今回は、リビングのリフォームでの失敗例をご紹介させて頂きたいと思います。
リビングは、家族全員が集まるコミュニケーションの場所です。
そこでもっと家族間のコミュニケーションの機会を増やす目的で、リビング階段を設置するリフォームを行う方が多くいらっしゃいます。しかし、リビング階段は充分なスペースが確保できていないと、無理やり押し込んだような印象となってしまい、開放感よりも狭いという印象を与えることもあり、失敗例として挙げられています。
また、リビングは家族だけのコミュニケーションの場所でなく、友人や会社の同僚などゲストが来た時に集まる場所にもなるので、できるだけ広い空間を残すことが住みやすい環境になるのではないかと思います。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずはお気軽に堀内工務店までお問い合わせ下さい。
堀内工務店は、お客様としっかりと向き合い夢のマイホーム作り全力でサポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop