リフォームの成功例(1)キッチン編

家が古くなってくると色々な不備が出てきて生活がしにくくなり、リフォームを考え始める方が増えてきます。
しかし、いざリフォームを行おうと思っても、リフォームの規模や箇所によっては費用は高くなってくるものですから、思い付きでリフォームを行うのではなく、計画的に、更にどこがどの様にネックになっているからリフォームをするといった、明確な箇所を洗い出す必要があります。
そこで今回は、キッチンのリフォームで成功した例をご紹介させていただきたいと思います。

リフォーム前のキッチンが悩みの種だった方の例です。
キッチンの作業台が高いせいか、腰に負担がかかり、料理をすることが非常に辛かった方が、作業台の高さを身長に合わせるキッチンリフォームを思い切って行ったことで、腰への負担がなくなり、楽な姿勢で料理をすることができるようになりました。リフォームによって慢性的になっていた腰の痛みも軽減できたという成功例です。
毎日必ず作業する場所で体に負担がかかっているのであれば、これからの長い人生を考えると絶対に優先的にリフォームを行う箇所ですね。
リフォームの多くが、水周りと呼ばれるキッチン、トイレ、お風呂などで行う方が多く、それ以外だと収納を増やすなどのリフォームが多く行われています。
使える資金には限りがあるので、まずは体に負担がかかっている箇所からリフォームを考えても良いのではないでしょうか?

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずは誠実な対応の堀内工務店までお問い合わせ下さい。
お客様の生活を快適にするためのマイホームづくりをサポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop