失敗しない注文住宅(3)決めた予算をオーバーさせない

前回の記事で注文住宅を計画する際にとても大切なことは、資金計画をしっかりと立てることだとご説明しました。
資金計画というのは、現在の生活を基準にし注文住宅を建てるに際し、月々いくらまでなら支払いができるのかをしっかりと考える必要があります。
もちろん、子供たちが大きくなるに連れて教育費など毎月の支払いも多くなっていくので、その辺もしっかりと考えたうえで資金計画を立てるようにしてください。今回は、資金計画をしっかりと立てた後、予算オーバーをしないという点について説明したいと思います。

しっかりと資金計画を立てて注文住宅の設計を進めていくうちに、ついついあれもこれもとどんどん最新設備や便利な機能が欲しくなっていき要望が増えてしまうことで、気がつけば当初の予算を大幅に越えてしまうなんてことは本当に多くあります。
ここで念を押してお伝えさせていただきますが、将来を考えた際に、あなたの生活に絶対に必要なもの以外は絶対に追加しないことを心がけて、何かを追加しようとするときは将来必要なものかをしっかりと考えることが大切です。
注文住宅の設計をする時は欲しいものがたくさん出てくるので、必要か必要ではないかという点に関しては将来を見据えて考えることが大切ですね。あったらちょっと便利というだけの軽い気持ちで追加してしまうと後悔することもあります。
月々の支払いが5,000円上がることを考えてみてください。5,000円くらいだったら追加しようなんて考える方もいらっしゃるのですが、実は、10年間で60万円オーバーしてくることになります。
ですから、一番初めに決めた予算内で完成できるよう、必ず予算をオーバーしないことを決め設計していきましょう。

奈良県で注文住宅の建築やリフォームをお考えの方は、まずはお気軽に堀内工務店までお問い合わせください。
しっかりとお客様に寄り添い、夢のマイホーム作りをサポートをさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop