失敗しない注文住宅の建て方(6)アフターフォローがしっかりとしている工務店に依頼する

この先の人生を共にする住まいを決める注文住宅の建設は、ご家族にとって大変重要なことです。
毎日暮らす家だからこそ、快適で住みやすい住宅であってほしいと誰もが願っています。また、せっかく建売ではなく注文住宅を建てるのですから、予算を考慮したうえでとは言えあらゆる点にこだわりたい、建ててから絶対に後悔したくないと考えるものです。
そこで、今回も引き続き注文住宅を建ててから後悔しないために、よくいわれる失敗談をご紹介いたします。

今回は、注文住宅を建てた後もしっかりとアフターフォローをしてくれる工務店や会社に建築を依頼することが大切だということについて触れていきたいと思います。
注文住宅を建てるには、工務店や施工業者に相談に行ってから完成するまでに1年から2年かかると言われています。
更に完成してから数十年と生活をしていくと、アフターフォローの重要性が見えてきます。
どんなに完璧に建てた注文住宅でも長く暮らしていくと経年劣化で外壁のはがれ、雨漏り、水回りのトラブルなどいろいろな不具合は絶対につきものです。そういった不具合がおこった場合に一番頼りやすいのが、注文住宅を建てた会社ではないでしょうか。
家を建てるまでは親切であっても、アフターフォローが悪ければ、違う会社に建設を依頼すれば良かったという後悔が生まれます。
ですから、先々のことも考えしっかりとアフターフォローをしてくれる業者なのかを見極めることが大切です。

奈良県でお客様に最適な注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずは、堀内工務店までお問い合わせ下さい。
施工後のアフタフォローもしっかり行いますので、安心してお声がけください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop