失敗しない注文住宅の建て方(5)決めた予算内でしっかりとおさめる

注文住宅を購入することは人生において一生に一度あるかないかという、大きな決断であることは間違いありません。
代々の資産家の方は親から受け継いだ住宅があるでしょうし、一代で財を築いた方でもすぐには注文住宅の購入とはならないでしょう。ましてや、堅実に日々働いている方の家を購入するチャンスは、人生で一度きりと言っても過言ではないでしょう。
そんな一度しかないチャンスでは、何をおいても絶対に失敗したくないと思うのは皆に共通する思いではないでしょうか。
そこで今回も、注文住宅を建てる時に失敗しないため、実際に注文住宅を建てた方から伺った失敗体験をみていきたいと思います。

今回は、最初に注文住宅の建設計画を立てた際の予算をオーバーしないようにするということです。
実は、計画を進めていくにつれて、ついあれやこれやと設備やオプションを追加をしてしまい、気が付いた時には予算を大幅に超えているなんていう失敗は本当によくあります。どうしても、今後の生活のことを想像すると、あれば便利なもの、おしゃれなものなど色々なものが欲しくなってしまうからです。
しかし、将来のためには、生活するうえで絶対に必要なモノ以外は追加しないことをおすすめします。
注文住宅の建築にかかる大きい金額を考えていると、少しぐらいの金額アップはたいしたことではないように思えますが、落ち着いて考えると月々の支払額が5,000円アップするだけで35年ローンだと単純に考えても210万円アップになります。
210万円があるのとないのとでは全く違った生活となりますし、それだけあれば家族で旅行を楽しむこともでき、余裕のある豊かな生活が送れるのではないでしょうか?
ですから、できるだけ出費を抑えることを考えて、一番はじめに決めた予算を絶対にオーバーしないよう、予算内に収めることが絶対条件です。

奈良県で注文住宅を建てたい、リフォームしたいとお考えの方は地元奈良での実績があり、お客様との信頼関係を大切にする堀内工務店までお問い合わせ下さい。
お客様の想い向き合い理想のマイホーム作りを誠意をもってサポートさせていただきたいと思います。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop