注文住宅で後悔しがちな失敗部分(3)収納スペースの失敗

注文住宅を建てるときは、実際の建築を行う前段階である設計がとても重要となります。
もちろん家族それぞれに希望があるので、少しでもご家族の理想に近づけることも大切ですが、こだわり過ぎてしまうと、注文住宅の完成後に生活し始めたら意外にも失敗だと感じる部分が見えてくるものです。
そこで今回は、収納スペースでの失敗例をご紹介したいと思います。

注文住宅を建設した方からもっとも多く挙げられる失敗の声は、収納の奥行を広くしすぎたために使い勝手が非常に悪くなり、スペースを無駄にしてしまったというものです。
収納スペースは、広い方が良いと考え奥行を広くする方は本当に多くいらっしゃいます。
実は、収納の奥行が広すぎた場合、どうしても1列ではなく手前と奥の2列になるよう荷物を置いてしまうため、奥の方に置いたものが取り出しにくく、大変使いづらいです。
それでも、やっぱり収納は広い方が良いと思われる方もいますが、まずは、この収納スペースには何を置くのかを考え、その収納するもので広さを考えていくのがとても重要なポイントになります。
また、お子様が大きくなったらこの収納は必要なのか必要ではなくなるのではないかなど、時が経過した後のこともしっかりと視野に入れて設計していくことは非常に大切です。

奈良県で注文住宅の設計・建築やリフォームをご検討中の方は、是非お気軽に堀内工務店までお問い合わせ下さい。
お客様お一人お一人の理想のマイホームづくり一生懸命サポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop