注文住宅で失敗しないために(1)玄関周り

注文住宅を建てた後に、こうしておけばよかったなど、実際に住んでみてはじめて不便さや不自由さに気づき後悔してしまうことは本当に沢山あります。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に少しでも失敗しないために玄関周りについてまとめていきたいと思います。

注文住宅を建てた後、失敗したと感じるほとんどの方が、玄関の収納にまつわることをあげられます。
どれくらいの靴を収納できる下駄箱を設置するべきなのか?玄関のどの位置に配置するのか、靴以外に収納する可能性のあるものは無いのか等についても考えておくことはとても重要です。
また、お子様が大きくなった時、家族が増えた時のこともしっかりと考えて、設計する必要があります。
靴と一口に言っても下駄箱に収納するのはスニーカーやパンプスだけでなく、ブーツなどのように筒丈の長いものもあります。
傘やお子様が外で使用するおもちゃなども玄関に収納スペースがあるととても便利ですね。

その他、玄関で考えるべき点として玄関照明のスイッチの位置や壁紙の色などがあります。
照明のスイッチは玄関に入ってすぐに操作できる位置に設置するのがベストですし、壁紙の色や柄などは家の雰囲気を左右します。家族のカラーが溢れる明るい玄関にしてみてはいかがでしょうか?
玄関は住宅の内装の中でも一番初めに見られる部分ですので印象にも残り、とても大切な場所です。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、まずは、お気軽に堀内工務店までお問合せ下さい。
お客様としっかりと話し合いながら理想の注文住宅づくりをサポートさせて頂きます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop