中古住宅をリフォームする際に気を付けるポイント

「中古住宅を買ってリフォームをする」という時に、一番気を付けたい箇所は「工事が終わったら、隠れて見えなくなるところ」です。

例えば「配管」です。その素材や時期によっては交換が必要になります。
リフォーム会社により、そのリフォームの定義は様々なようですが、配管についての見極めをしっかりと行うところもあれば、全くケアしないところもあります。
奈良県に築30年経った中古マンションがありますが、ここの配管は刷新されています。どこでわかるかと言うと、現在の主流である「樹脂管」は、素材そのものは半永久的にもつとされており、水漏れだけに気を付けていればいいのですが、30年前にはこういった樹脂性のものは存在していませんでした。
1990年代後半までは「銅管」が主流で、寿命は30年程度が目安となっていました。築30年の段階で何もせずにそのまま住み続ければ、水漏れを起こす可能性が高くなります。
リフォームが全て終わって住み始めてから、配管の不備で水漏れや赤錆が出て「交換しよう」ということになっては大変です。

リフォームを行う工務店の見極め方は、まず実績をよく確認することです。リフォームで有名な工務店でも雨漏りや水漏れなどのトラブルはゼロではありませんが確率は低くなります。
また、地元密着の工務店であれば評判を聞くこともできますし、地元のお客様を大事にしてくれるでしょう。
奈良県でリフォームや注文住宅の建築をお考えであれば、地元密着の堀内工務店にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop