中古住宅は何年もつのか

奈良県を含め、一般的に日本の木造住宅の寿命は約30年と言われ、RC(鉄筋コンクリート)で47年と言われています。

しかし、この年数は、建物の所有者が点検やメンテナンスを疎かにし、怠ってきたことが非常に大きく影響した数字です。
建物の寿命は、1に設計、2に工事、3に点検・メンテナンスの三拍子が揃って決まりますが、日本の設計レベルは間違いなく世界一の水準にあります。
もし、この三拍子が揃った場合には、木造でもRCであっても、最低でも100年はもつのです。

特に建築後に全く手を施さなかった建物と、予防的で適切な点検・メンテナンスをしてきた建物とでは、おおよそその寿命は2倍程度違ってきます。建物の寿命は、実は所有者自身が縮めていることが多いのです。

例えば、雨漏りや漏水などがあった場合に、それを修繕する対処療法や、そのような問題が起きないよう予防的な点検と修繕を行うのでは、リフォームを行う際などの建物のライフサイクルコストも、寿命も全く違ってくるのです。

予防的な点検・メンテナンスと修繕に関しても、堀内工務店にご相談ください。
建物を長持ちさせるための修繕やリフォームまで、住宅のお困りごとに親身になってお応え致します。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop