ホームインスペクション会社の選び方

中古住宅を買う前に、建物の劣化状態、またはリフォームの途中段階や完成時に、利害関係の無い第三者の専門家に住宅を診断してもらう「ホームインスペクション(住宅診断)」を利用する方がここ最近増えてきています。

奈良県にある中古住宅でも、その構造や時の経過によって建物の状態は千差万別です。これらの建物の状態を診断するためには、たくさんの知識・経験・実績が必要です。建築士の資格を持っている方でも、その30%が不合格になる「公認ホームインスペクター資格試験」ですが、これは、図面のみならず現場に詳しい必要があるほか、建物の劣化状態についての判断力が求められるためです。

「ホームインスペクター(住宅診断士)」を選ぶ際には、リフォーム会社・不動産会社と癒着していないことを確認することも大切です。
業者を選ぶ際には、ホームインスペクション単体で営業できるだけの妥当な料金を設定していることも大切です。相場としては、目視による診断で5万円~7万円程度、床下や天井裏にまでのオプション調査を依頼する場合は11万円~12万円程度です。

とはいえ、現段階でホームインスペクションに取り組んで、「ホームインスペクター(住宅診断士)」となっている方は、業界でも志の高い方が多い傾向にあります。
日本ホームインスペクターズ協会のサイトから、お近くのホームインスペクターを検索できますので、中古住宅を購入する際は、上記のポイントに気を付けながら、自身に合ったホームインスペクターを探してみるのもいいかもしれません。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop