注文住宅を建てる時の優先順位

家を建てる際には、限られた予算の中でできる限り良い家を建てたいというのが人の心情だと思います。
奈良県で家を建てる際にも、予算をかけるところにはしっかり予算をかけて、削る部分は思い切って削るというように、予算にメリハリを付けることが注文住宅と建てるためには重要となってきます。今回は注文住宅を建てると時の優先順位についてお話します。

具体的に、注文住宅を建てる際の優先順位を挙げるとすると、1つ目が構造材や屋根、外壁材、2つ目が窓、断熱材、3つ目が家の内装、そして4つ目が設備機器という順序になります。
屋根や外壁は、基本的に耐久性の高い建材の価格の方が高くなる傾向にあります。
例えば10年でメンテナンスが必要な建材と20年はもつ建材とではメンテナンスコストがかなり変わってきます。
そのため、家を建てる時に耐久性の高い建材にお金をかけたとしても、後々のメンテナンスコストを考えると高い建材を使用したことを後悔するケースはかなり少なくなります。

次に、窓や断熱材は日常生活が快適に送れるかどうかに影響してきます。注文住宅を建てるのであれば、夏は涼しく、冬は暖かい家にしたいですよね。省エネのことを考えても窓や断熱材は、しっかりと予算をかけたい部分です。

その次が内装です。好みのインテリアが映える空間だと生活をしていて楽しくなりますが、その中でもフローリングなど常に身体に触れる部分に優先的に予算を割り振りたいところです。

そして、最後が設備機器です。設備機器は構造材や窓などと比べて比較的簡単にリフォームして入れ替えることができるので、優先順位としては低くなります。

奈良県で注文住宅の建設を予定されている方は、どんなことでもお気軽に堀内工務店までお問い合わせください。豊富な実績に基づいた注文住宅建設のコツをお伝え致します。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop