ユニットバスは五輪から生まれた

注文住宅の建築やリフォームを検討されている方にとっては、バスルームは関心の高い施工箇所ではないでしょうか。そんなバスルームのスタイルの一つであるユニットバスが、東京オリンピックがきっかけで生まれたことをご存知でしょうか。

奈良県の注文住宅でも多く採用されているユニットバスですが、そのメリットは短時間での施行が可能となっている上、階下への水漏れのリスクが非常に少ないために、戸建の注文住宅だけでなく、マンション、ホテルなど様々な建築物に用いられています。

このユニットバスが日本で普及するきっかけとなったのが、実は東京オリンピックだったということをご存知でしたでしょうか。

1964年に開催することが決まっていた東京オリンピックに向けて、いろいろな施設が作られることになったため工事量が膨大になり、建築業界では工事をする人がかなり不足しました。働く人は少ないけれど競技場や宿泊施設の建設はオリンピックに間に合わせないといけないということで、工事をいかに早く、省力化してできるかが課題となりました。

その頃のバスルーム造りは、各種配管、防水処理、タイル貼り、給湯器の設置、照明の取り付けなどの作業を別々の職人さんが行っており、工期は1室あたり約1ヶ月も掛かっていました。
それが新工法を開発したTOTOのプロジェクトチームによって、1室あたりの作業時間が2時間弱という驚異的なスピードでの施行が可能となったのです。その新工法を用いて作られたバスルームこそユニットバスです。

ユニットバスの誕生以来、注文住宅などの戸建住宅やマンション、アパートなどの新築やリフォームでもユニットバスは広く利用されるようになったのです。堀内工務店ではコストを抑えたユニットバスだけでなく、お客様のご要望にそったバスルームの設置にも対応しています。注文住宅の建設だけでなく、リフォームでもお気軽に奈良の堀内工務店にお声がけください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop