断熱の鍵を握るのは?

断熱というとまず壁、「断熱材」を思い浮かべる方が多いかも知れませんが、実のところ窓やドアといった開口部からの熱の出入りのほうが大きいのです。

窓の断熱性を高めるリフォームとして、内窓の設置と複層ガラスへの交換が挙げられます。複層ガラスはガラスの間に空気層が設けられ、熱を伝えにくく、冷暖房効率が向上するという効果があります。中でも、Low-Eガラスには遮熱効果もあります。

奈良の狭小地に注文住宅を建設する際は、天窓を設置することで、採光を確保しやすくなります。ただ、何の工夫もなく天窓を設置するのはおすすめできません。
経済産業省の試算によると、夏は窓やドアから熱の71%が入り、冬は窓やドアから熱の48%が逃げているそうです(1992年省エネ基準レベルの断熱性能の住宅での計算例)。
つまり、奈良県にお住まいで、注文住宅の建設やリフォームをお考えの方は断熱材を変えるよりも、まずは窓やドアの断熱性能を高めるほうが先決なのです。

暑い夏や寒い冬を快適に過ごすためには、断熱にも心を配ることが重要です。注文住宅の建設やリフォームで失敗しないために、まずは堀内工務店にご相談くださ。
お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop