耐火性能に優れた家の利点

木造の住宅は、燃えやすく火災に弱いのではと不安になる方もいらっしゃると思いますが、ある程度の太さや厚さがあると、一旦燃えても表面が焦げるだけで、火が内部まで進行しないため、柱や梁の強度が低下しにくいというメリットもあります。
そのため、木造だからといって一概に燃えやすいとは言えないのです。むしろ火災では壁や窓の耐火性の方が重要です。ですから、注文住宅を建築したり、リフォームをする際は木造か鉄骨かにこだわり過ぎる必要はないと言えます。

そして、耐火性の高い建物は、火災による損傷が少ないと考えられるので、一般的に火災保険の保険料が安く設定されています。それが例え木造住宅であっても、省令準耐火構造(住宅金融支援機構の定める基準に適合する構造)の条件を満たしていれば、一般的に普通の木造住宅と比べて保険料は半額以下とお安くなるのです。
これは知っておいて損はないお得な情報ではないでしょうか。

とはいえ、省令準耐火構造に該当する注文住宅を建設するにはそれなりのコストがかかりますので、工務店に注文住宅を依頼する際にはきちっと見積もりを出して貰ってから検討しましょう。

奈良で注文住宅の建設をお考えの方は、堀内工務店にお気軽にお訊ねください。さまざまなご要望にもお応えいたします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop