リフォームには様々な税制優遇制度がある

リフォームをするときに使える様々な税制優遇制度をご紹介します。

空き家の増加が社会問題となっている現在、新築だけでなく中古住宅の販売を促し中古市場を活性化するために、リフォームには国が様々な税制優遇や補助金を出しています。それは奈良県でも同じ状況です。

例えば、所得税の控除が受けられる優遇制度として、住宅ローン減税(リフォーム)があり、最大控除額はなんと400万円にもなり(2021.12.31まで)、新築だけでなく要件を満たせば中古住宅やリフォームでも利用できます。
住宅ローン減税ではリフォームにおいても新築同様に、年末のローン残高の1%を所得税から10年間控除されます。また、現行の耐震基準に満たない中古住宅を購入した場合は、耐震リフォームを行うことで住宅ローン減税の適用が可能となります。

他には、バリアフリーリフォーム減税、長期優良住宅化リフォーム減税(耐久性向上改修減税)や、同居対応リフォーム減税といったものも存在しています。
これらの税制優遇制度をうまく使って、奈良にお住まいの方も安くリフォームを行うことが可能です。

どんなリフォームにも対応いたしますので、奈良でリフォームをお考えの方は堀内工務店までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop