注文住宅の建設時のトラブル回避法1

ようやく家族の意見をまとた注文住宅の設計が終わり、続いて建築工事がスタートする訳ですが、注文住宅を建築していくなかでも色々なトラブルが発生するものです。
そこで今回は、これから注文住宅を建てたいと考えている方々に、同じようなトラブルを起こさないために実際に起こりうるトラブルの事例をお伝えしたいと思います。

注文住宅に限りませんが住宅の施工中によくあるトラブルが、騒音や施工中に発生するゴミ、ホコリ、更には施工業者の車が通行の邪魔になるといった近隣住宅とのトラブルです。
実際は施主の責任ではなく、施工業者の責任になるのですが、注文住宅が建った後は末永く住む土地ですから、近隣住宅の方々には好印象をもっていただき、良好なお付き合いをしていくためには、避けたいトラブルではないでしょうか?

そこで事前にこういったトラブルを回避するために、まずは、施主自身が近隣住宅の方に挨拶を行うことが大切です。
もちろん、工務店や施工業者も着工前に近隣住宅の方への挨拶はするものですが、中には、挨拶をしない施工業者もいるので、大切な挨拶に関しては、施工業者との打ち合わせの時にしっかり確認し、施主の意志を伝えることも大切です。
また、予定よりも工期が延びた場合などは、分かり次第すぐに近隣住宅の方々にはお話し、コミュニケーションをとっていきましょう。

奈良県で注文住宅やリフォームをお考えの方は、近隣住宅への配慮もおろそかにしない堀内工務店までお気軽にお問合せ下さい。
お客様の想いを形にするため理想のマイホームづくりをサポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop