リフォームで起こったトラブルと対処法1

リフォームを検討し、家族でどこをリフォームするのかを話し合い、予算を決めていざ動き出したリフォーム工事。
快適な生活を送るためのリフォーム工事ですが、残念ながらリフォーム工事にはトラブルがつきものです。
そこで、リフォームで失敗しない為に、リフォーム工事で起こりやすいトラブルについてみていきたいと思います。

まず考えられるのが、日程に関するトラブルです。リフォーム業者に工事前に3分の1の工事代金を支払っていたにもかかわらず、工事予定日に工事が始まらないなどです。契約書に工事予定日の記載があるにも関わらず、期日になっても工事が始まらない場合は、必ず、リフォーム施工会社に連絡しましょう。
もし、何らかの事情で予定通りに施工できないのであれば、施主が問い合わせる前に施工会社の方から連絡するのが当然ですが、連絡がないからと放置せず必ず事情を確認することが大切です。
どうしても連絡がつかない場合は、その期限内にリフォーム工事を行う契約であること、期限内に工事が終了しなかった場合は契約を解除することなどを書面にし、リフォーム会社に送付しましょう。それでも改善されない場合は、契約を解除することもできるので安心してくださいね。契約解除時は、工事前に支払った前払い金も請求することができます。
そんなことにならないためにも信頼できる地元の工務店にリフォーム工事を依頼しましょう。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討中の方は、四代つづく大工の家系で地域の皆様に信頼されている堀内工務店までお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop