注文住宅を発注するまでの流れ1 資金計画編

人生で一番の大きな買い物と言えば夢のマイホーム。
そんなマイホームを手に入れるために、今回は注文住宅を発注するまでの流れについての第1ステップとして、資金計画についてまとめていきたいと思います。

注文住宅の建築を検討する際に、一番大切になってくるのが、資金計画です。
注文住宅を建てようと決心したら、どのような家に住みたいのか、どういった設備にしたいのかを家族みんなで話し合うと思いますが、具体的な話をするには自己資金として調達できる金額やご家庭の全収入をまとめ、利用できる住宅ローンの金額を確認することが大切です。
そこで、まずは注文住宅を建てる際に頭金として準備できる予算を決めることです。もちろん、住宅ローンを組むには返済計画の立て方などわからない点もたくさんあると思います。現在のことだけでなく、将来においては家族構成も変化し、収支バランスが変わることも想定されますよね。
こういった資金面の難しい問題点や疑問点に関しては、住宅展示場やモデルハウスのスタッフに質問したり、ファイナンシャルプランナーなどに相談することもできます。もちろん、自分たちでもわかる範囲で調べることも忘れないでくださいね。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討中の方は、地元奈良で定評のある堀内工務店までお気軽にお問い合わせください。
土地選びから、しっかりとお客様と向き合いサポートさせていただきたいと思っています。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop