注文住宅の打ち合わせで気を付ける事5 まとめ

注文住宅を建てる際には設計者や工務店・施工業者としっかりと打ち合わせを行うことが大切だと前回までの記事でお伝えしてきましたが、今回は、この大切な打合せに関するまとめになります。

注文住宅づくりを成功させるための一番の注意点は、設計者にすべての判断を丸投げするのではなく、自分達家族もしっかりと参加することです。理想の家づくりの為に希望は全て実現させたいところですが、理想と現実がすべてマッチするものではありません。一番のネックである予算や、注文住宅が建つ土地や近隣環境の問題などもありますので、なにもかも理想通りの住宅になることはまれです。
大切なことは、最初の希望と少し違っても実際に暮らし始めてから快適な生活ができることであり、家族それぞれのライフスタイルの充実につながるかにあります。
そういった注文住宅を実現するためには、納得がいくまでしっかりと設計者と打ち合わせをすること、何度何度も打合せを重ねることが重要です。
また、設計者から「それはできません」と言われても、納得がいくまでしっかりと設計者と話し合い妥協点を探していくことが大切です。「できません」と言われてすぐに諦めるのではなく、できないのであればどうすればできるのか、他の方法はないかをしっかりと話し合うことで理想に近づきます。

奈良県で注文住宅、リフォームをお考えの方は堀内工務店までお気軽にお問合せ下さい。
お客様が納得されるまで、打ち合わせさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop