収納スペースが少ないという失敗例が多い

注文住宅やリフォームを検討している際には、家族みんなでマイホームに思い描く理想を考えると思います。
これまで注文住宅を建てた方やリフォームを行った方々の意見を聞くと、必ず失敗例として挙げられるのが収納が思ったよりも少なかったということです。
では、生活をする上で重要な収納スペースには、どのくらいの容積が必要なのかを考えていきたいと思います。
収納スペースを決める際は、その収納量とスペースをどこにとるのかがポイントになってきます。
全ての荷物を一つの場所に集めてしまえば、どれくらいの収納が必要か分かるでしょう。しかし、現実的に考えて、そのようなことはできません。新しくするマイホームでも、もちろん家屋の広さや家族の人数によって複数の場所に分けて作ります。
収納スペースの場所決めは、使用頻度を目安にすることで非常に分かりやすくなります。頻繁に使用するものは、部屋に備え付けの収納スペースを作って収納するのが便利ですし、使用頻度が1年に1回、2回のものは納戸や屋根裏をなどを収納場所をして考えると良いでしょう。収納する場所は、衣服、キッチン用具、文房具、家電製品(季節ごとの)で分けるように考えるとどれくらいのスペースが必要なのかが分かります。生活していくことで物は増えていきますので、余裕をもった収納スペースづくりを考えられるといいのではないでしょうか。

奈良県で注文住宅やリフォーム工事をご検討中の方は、まずは堀内工務店までお気軽にお問合せ下さい!
真摯にお客様と向き合いマイホームづくりをサポートさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop