注文住宅はデザイン性よりも機能性を重視する

注文住宅を計画する際に失敗してしまうポイントとしては、見栄えを重視し、デザインにこだわりを持ちすぎた場合です。
建売ではなく、家族の希望を詰めた注文住宅を手に入れるわけですから、誰からもおしゃれな家だと言ってもらいたいという気持ちになってしまい、デザインにこだわってしまう気持ちは非常によくわかります。
しかし、デザイン性を重視してしまうことで、機能性がダウンしてしまう恐れがあるのです。
広々としたリビングダイニングやリビング階段、天窓などはとてもおしゃれに見えるために人気で憧れる方も多いのですが、なんの工夫もしなければ冷暖房が効かずに光熱費ばかりが余計にかかってしまうのが現実なのです。
快適な室温を維持できなければせっかく高いお金を払って手に入れた注文住宅も意味がなくなってしまいます。
デザイン性を取り入れる際は、長い目で見て本当にそのデザインが必要なのかどうかを充分に考慮して、ご家族みんなで決めることが大切です。どうしてもゆずれないポイントがあれば、どうすれば快適に暮らせるのか、建築方法で工夫できないかを工務店や設計者に相談してみてください。
住宅を建てるということは、住宅ローンはもちろんですが、固定資産税もかかってくることをしっかりと把握したうえで、機能性にも配慮するのがポイントです。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討中で、機能性のためにご希望のデザインをあきらめたくない方は堀内工務店にご相談ください。
お客様のご要望をしっかりお伺いいたします。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop