生活動線と家事動線をしっかりと考える

家族全員でしっかりと話し合いを行い、理想のマイホームである注文住宅を計画する際に、とても重要なことは住みやすい、スムーズな生活動線をしっかりと確保することです。
どれだけ理想どおりでおしゃれな家でも、無駄な生活動線ばかりでは、逆にストレスばかり溜まってしまいます。
せっかく打ち合わせや下見などの手間や時間をかけて高額で購入した注文住宅ですから、一生大切に住もうと思われているでしょう。
それなのに、無駄な生活動線でストレスが溜まるというのは、非常に辛いのではないでしょうか。
そこでしっかりと生活動線を考えて設計を行う必要があるわけです。
生活動線を考えるのであれば、家族全員の動線を時系列で考えると良いでしょう。
とくに忙しい朝の時間帯は、家族の生活動線はどうしても重なってきます。そのため、二人がすれ違うくらいのスペースを確保するなどの検討をする必要が生まれます。そういった生活の流れを想定することが大事になってきます。
また、同じように家事の動線もしっかりと考え、家事負担を減らすこともとても大切になってきます。
要は、家事動線を短くするのがポイントになります。家事動線を短くすることで、効率よく家事をこなすことができ、生活に余裕がうまれることでしょう。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討されている方は、地元密着の堀内工務店までお気軽にお問い合わせください。
地元の工務店だからこそできるご提案やサポートをさせていただきます。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop