注文住宅を建てた後の失敗の声

人生に一度の高額な買い物ですから、注文住宅のご購入は失敗することができません。
そこで今回は、実際の注文住宅の建築で失敗した事例を参考にして、失敗しない注文住宅を建てるために、リアルな失敗談をまとめていきたいと思います。
まずは、良くある注文住宅の失敗例です。一番多く挙げられる失敗の声としては、収納が足りなかったというものです。
新居で生活を始める際に新しい家具やインテリアを揃える人も少なくないため、それまでの生活を基準にすると収納が不足してしまうことがあります。
また、子供の成長にしたがって持ち物が増えていくのが一般的ですから、子供の成長もしっかりと考えておくべき事の一つです。
次に多い、間取りの設計についての失敗をご紹介します。広いリビングダイニングや吹き抜けのある家を理想とする人は多いのですが、あまりにも広くしすぎてしまうと、エアコンが効きにくいため、冬は寒く夏は暑い非常に過ごしにくくなってしまいます。また音やにおいが2階に届いてしまう、2階のスペースが狭くなるなどデメリットがでてきます。
他には、キッチンの隣をトイレにしたため、食事中にトイレの使用音が聞こえてくることや、コンセントの場所や少なさが失敗だったという声が多く挙げられています。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討中の方は、大工の家系で積み重ねた経験のある堀内工務店にお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop