注文住宅を建てた際の保証期間は知っておくべき!

さあ、理想の注文住宅が出来上がり、いよいよ家族みんなで住むことになりました。
夢にまで見た理想のマイホームなだけに幸せな毎日が待っていると思うのは当然ですね。
しかし、何年も住んでいると色々と不具合が出てくるのも現実です。
そこで今回は、入居後の保証について事前に押さえておくべき点についてご紹介させていただきたいと思います。

新築住宅は、日本の法律で住宅の基礎の部分については、10年間の保証が義務づけられています。それは注文住宅でも同様です。
また、その他の部分についても2年以上の保証が義務となっています。
ですので、その保証期間内で住宅に欠陥があることが発覚した場合には、施工業者などに無料補修などの対応をしてもらえる、ということが大切な点です。
そんなに簡単に欠陥が見つかる事はないのですが、実際に住んでみないと分からない部分でもあります。
そこで契約書の中に、この基礎は10年、その他は2年間保証されることを明記してもらっておく必要があるのです。
もし、法律が定めている期間よりも短い期間で契約書を作成しているような業者は避けた方がよいということは間違いありません。
保証期間をしっかりと覚えておくことは大切なポイントです。

奈良県で注文住宅やリフォームをご検討の方は、まずは堀内工務店までお気軽にご相談下さい!

お問い合わせ、お見積り、ご相談はこちら
PageTop